看護師 転職 治験コーディネーター

治験コーディネーター

医薬品の開発においては最後の段階で、ヒトを対象とした臨床試験つまり治験を行います。
治験は、協力してくださる被験者に不利益が生じないよう実施されなければなりません。
そこで、治験コーディネーターと呼ばれる方々が、法律に従って適切に治験が実行されるよう、治験の進行を手助けします。
また治験コーディネーターは、治験全体を調整する役目もあります。

 

ちなみに、治験コーディネーターには専門の資格がある訳ではありません。
しかしながら、採血などができる看護師,薬の知識がある薬剤師,検査をする臨床検査技師が求められる傾向にあります。
こうした資格をお持ちの方なら、看護師のバイトとして治験コーディネーターをすることができます。

 

しかし、こうした資格がなくても治験コーディネーターをすることはできます。
教育研修が十分に整っているからです。
人間性に優れ,向上心のある方なら、喜んで受け入れてくれるのです。
ですから、理系大学卒業者,栄養士,その他医療に関する職業従事者,などでも、治験コーディネーターになることが可能です。

看護師のバイト:治験コーディネーター

看護師の仕事の一つとして、治験コーディネーターがあります。

 

治験担当医の仕事を支える治験コーディネーターには、様々な業務があります。
被験者へのインフォームドコンセントを行ったり、被験者の観察やケアを行ったりします。
また、スムーズに仕事ができるよう治験に関係する事務や全体の調整などもします。

 

被験者へのインフォームドコンセントの業務においては、被験者に安心して協力していただけるよう、治験の趣旨や手順や注意点など利点と欠点をよく分かるように伝えます。
また、治験している間や終えた後にも、被験者の不安や質問に応えます。

 

被験者の観察やケアの業務においては、被験者を精神面でケアしたり、相談を受けたりします。

 

治験に関する事務や全体の調整などの業務においては、治験に不可欠な書類を作成し、管理や保存まで行います。
また、治験のスケジュール管理も行い、治験実施日を知らせたり,各種検査や入所をするための予約をとったりします。
他にも、医師や薬剤や検査など治験を実行する部門間の調整もします。

 

ところで、看護師さんの転職については、日本看護協会のe-ナースセンターを利用されたり、友人の口コミ情報とか、探されている方も多いようです。

 

在職中で、自分のキャリア合った待遇、仕事の内容、たとえば、治験コーディネーターとして働きたいという方は、みなさんの転職を支援する無料サービスがあります。

 

詳しくは、下記をクリックして、別のページに掲載されている、転職支援サイトの情報をご覧ください。

 

高給待遇の看護師の募集情報はこちら